カード不要で借りられるフリーローン

フリーローンとは、「自由なローン」という意味合いのある多目的ローンです。
目的を問われずに自由に使えるために、このように呼ばれているのです。
その用途は幅広く、生活費、娯楽、事業資金、他のローン返済などにも活用できます。
似たようなローンにカードローンがありますが、フリーローンにはカードがありません。
また、借入方法・返済方法にも違いが見られています。

借り入れるときは、原則として一括での借り入れとなります。
「100万円の利用枠を確保して、とりあえず50万円だけ借りておく」といった方法は不可能なのです。
100万円を希望するのであれば、その場で100万円を借りる必要があります。
また、返済にはカードが使えませんから、口座振替、窓口、銀行振込などの方法になります。
必然的に金融機関の営業時間内でなければ返済できないことになります。
一括返済をするときは、窓口や銀行振込による方法を使います。

一括返済について

カードローンと同様に、一括返済したほうが利息が少なくなるのが特徴です。
一括が無理でも、なるべく返済回数(借入期間)は少なくしたいものです。
フリーローンにはカードがないので不便に感じられますが、メリットも存在するのです。
返済してしまえば、借金も利用枠も完全に0になります。
カードローンの場合ですと、借金は0になりますが利用枠が残りますので、再び借りることができるわけです。

これは人によっては、メリットにもデメリットにもなるでしょう。
金利については、多目的ローンはどれも大差のないものであり、カードローンと同じくらいだと考えていいでしょう。
どちらのローンも金融機関では18%前後ですが、銀行・信用金庫では15%前後と低くなっています。
また、フリーローンには10%未満という超低金利を設定している商品もあります。
明らかに低金利ですが、これは用途をある程度限定しているからです。

例えば、「事業資金、ギャンブル、他社ローンの返済資金として不可」「健全な目的に限る」といった感じです。
用途は多目的ではありますが、健全な目的に制限することで、金利を抑えることが可能となっています。
「健全な目的」という意味は、カンタンにいえば浪費以外のものです。
趣味・娯楽は消費というよりも浪費に分類されています。
これに対して、自動車の購入、教育資金などは健全な目的であり、消費に該当するものです。
生活している以上、消費は避けられないものであり、そのために借りる資金は健全であると考えられています。
趣味・娯楽、ギャンブルなどは、習慣性があるので止められなくなる可能性もあります。
買い物依存症やギャンブル依存症などがそうでしょう。

こうした目的に関しては、多目的ローンといえども借りられないことが少なくありません。
フリーローンやカードローンを利用するときは、「利用目的」の欄をよく読んでおきましょう。
何も記載されていなければ、好きなことに使っていいという意味です。

Posted in 即日融資 | コメントは受け付けていません。

カードローンは便利なおまとめローンが出来ます

初めてカードローンを利用した時は勝手がわからずに、テレビコマーシャルで見かけていたり、道を歩いていて目についた看板のローン会社を利用して借り入れしたという方もあるでしょうが、何度も利用しているうちに、違う会社から借りるようになることもあるでしょうね。
最初に使っていたローン会社より、別の会社の方が金利が安いことに気付いたり、即日融資に対応していることがわかったためなど、さまざまな理由がありますが、誰でもサービスの良い会社を見つけたら、そっちを利用したいと考えるのは当然のことです。
ですが一つのローン会社への返済が終わっていないにもかかわらず、ここは気に入らないから今度はあっち、次はそっちといった真似をしていると、だんだんどこにどれだけ返済して、あとどれぐらい借り入れが残っているのかわからなくなるので、それは注意しなければなりません。

注意点

別に銀行系から消費者金融に移ったり、消費者金融系から信販系に移ったりなど、色々試してみるのはかまいませんが、せめて新しいローン会社を利用する前に、以前に借り入れしていた分の返済は、きちんと終わらせておくようにしましょう。
これは性格的なものもあるかも知れませんが、複数社に借り入れしていることを忘れて、返済がいつのまにか滞り、最終的にはどこに申し込んでも審査に落ちて、どこからも融資を受けられなくなることもあり得ます。

それでは本当にお金が足りないときに困ってしまうので、あまり面白半分に複数のローン会社からは借りないようにしたいですね。
複数社に返済するのはかなりの負担になりますし、会社によって返済期日が違うため、よっぽど注意しないと、返済期日に間に合わなくなる恐れがあります。
そうなると遅延損害金が発生し、さらに完済までの道のりが遠ざかってしまうので、早くローン返済を終わらせたいときはおまとめローンを行うようにしましょう。
おまとめローンとは複数の業者からの借り入れをひとつのローンにまとめることです。

これにより返済計画を立てやすくなるので、完済までのスピードが大幅にアップするはずです。
低金利のローン会社でおまとめローンを行うと、月々の返済もぐっと楽になるので、おまとめローンをするときは金利を調べてから申し込むようにしたいですね。
金利が高いと低いでは、長い年月のトータルで考えると、借り入れの額によっては10万円、100万円単位で違いが出て来るものなので、きちんと調べることが大切です。
一つのローン会社に借金がまとまっていると、返済期日が同じなので、日にちを間違えることもありませんし、毎月コツコツと確実に元本が減っていくことがわかるので、終わりが来る日も予想することが出来ます。
借金が多いと、毎日の生活が憂鬱になってしまいがちですが、終わりのときが見えていれば、希望を持つことが出来るので、複数のローン会社からの借り入れのために返済に行きづまっている方があれば、ぜひ利用するようにしましょう。

Posted in 即日融資 | コメントは受け付けていません。

カードローンの限度額は上げられる?

万が一の出費に対応してくれるのがカードローンです。
フリーローンとも呼ばれていますが、無担保・保証人なしで契約でき、借りたお金の使い道は自由です。
利便性が高い借入れなので契約している人も少なくはないのですが、気になるのは借入れできる金額に限度があるという事じゃないでしょうか。
各社のカードローンの概要を確認してみると、「○○○万円まで融資可能」と謳っていますよね。
でも、その融資額まで借入れすることはほぼ不可能と思ってください。

そもそも融資するからには返済ありきですので、カードローンを契約するには個人の信用が契約条件になります。
それを踏まえて、担保も保証人もないので、返済能力に応じて融資可能の有無と、融資できる金額が決まってくるのです。
借入れできる金額の上限を「利用限度額」と言いますが、提示された限度額が現在の自分の信用レベルだという事になるでしょう。
利用限度額を見て「自分ってこの程度か・・・」とガッカリする人もいます。
でも、ガッカリする必要はありません。

なぜなら、この利用限度額はカードローンを利用していく中で増額してもらうことも可能だからです。
「利用限度額=返済能力(信用)」ですので、借入れを計画的に利用して返済をきちんと行うことで、返済能力がある人だと信用されれば限度額を増額してもらうことができます。
増額の際は、融資先のほうから増額の連絡がもらえたり、自分で増額の申請をして再度審査の上で増額可能かどうかが判断されます。
いずれにしても、まずは決められた限度額内できちんと借入れと返済を繰り返し利用していくこという事が重要になるでしょう。
逆に言えば、一度でも返済の延滞や滞納をすると増額してもらうことはほぼ不可能ですので気をつけてください。
ただし、『利息制限法』の存在があるため、利用限度額を増やすと言っても限度があることは理解しておきましょう。
利息制限法は、社会的問題となっている多重債務者を生まないことを目的として制定されており、貸金業者に対して消費者に貸し付ける金額を制限した法律です。
この法律では「年収3分の1を越える貸付は禁止」としています。

つまり、利用している全ての貸金業者を合わせて、年収が100万円の人は30万円まで、年収500万円の人は約160万円までしか借入れできないという事です。
(※銀行など金融機関からの貸付は例外)
こういった制限はありますが、そもそもカードローンの目的とは個人向けの小口融資ですので、一時的な資金として借入れを利用するものです。
そして、お金があるときに一括で返済する短期返済を目的としています。
そうすることで金利も負担にはなりません。
限度額が増額してもらえると、自分が評価されたような気になって借入れに対する価値観が崩れてしまう人がいます。
増額は本来の目的ではないので、できれば始めに設定された利用限度額の中で計画的に利用していくのが望ましいでしょう。

Posted in 即日融資 | コメントは受け付けていません。

生活に困ったらカードローンで乗り切る

生活をしていく上で大切なのはお金でもありますね。
何より、お金がないということは死活問題でもあります。
そこで、給与が今時期下がった、前の手取り年収よりはるかに減額されたということで、今までの生活が維持できなくなったというご家庭もあるのではないでしょうか。
さらに、今すぐにでもお金が必要だけれど、親戚や親に頼るのも難しいというときありますね。
そのようなときに大活躍してくれるのは、カードローンでしょう。
なぜなら、このローンは、一般的なものと比較しても簡単に借りることができます。
住宅ローンなどでは、審査してもらってから借り入れするまでに日数も手間もかかり、大変なイメージがありますね。
しかし、銀行系のカードローンの場合、こうした手間も要りませんし、何より来店しなくても借り入れができるところもたくさん出てきています。
そして、その日のうちに借り入れができるところもあり、とても手軽なので、便利ですね。
すぐにお金が必要だというときに、返済の計画がきちんと立っているのならこうしたカードローンを利用してみることをおすすめしますね。
借金をすることに抵抗があるという人もいらっしゃるかもしれませんが、こうした借金ならば手軽ですし、何より返済可能額ならば次の月に返済すれば問題ないのでとても融通が利きますね。

さらに、今月は赤字で家計がピンチだというとき、主婦の方は借りることもできずに困り果てるということもありえます。
そこで、働いていなくても、手軽に利用できるため、こうしたカードローンの利用は大変助かります。
このようなメリットがたくさんあるローンには、デメリットはないのかと考えてしまいますね。
こうしたとき、デメリットとして挙げられるのは、ローンであり、借金であるということに変わりはないということになるのではないでしょうか。
いずれにしても、返済の計画さえ立てていれば、借り入れすること事体、悪いことではありません。

また、返済を怠ることなく、きちんとできれば、ブラックリストに載るということもありませんので、安心して利用できますね。
暗いイメージが多いローンは賢く利用することによって、生活を潤うために利用することもできますし、急な出費にも対応してくれます。
たとえば、給料日前に学校行事でお金の徴収があるということは、子供がたくさんいらっしゃるご家庭ならばありえることです。
そのようなとき、お金がないからしばらく待ってほしいと学校側にお願いすることは、子供のメンタルを傷つけてしまうことにもなります。
そのようなときに、こうしたローンを活用して、すぐに徴収された額を払うことによって、子供のためにもなりますね。
後から返済すれば問題ないことですし、何よりこうした便利なローンを利用することによって危機を免れることができますので、おすすめですよ。
また、申し込みはいつでも手軽にどこでもできますので、大変便利に利用できますね。

Posted in 即日融資 | コメントは受け付けていません。

安全・安心にカードローンを活用するには

カードローンは便利なもの?
経済負担を助けてくれるもの?
危険なもの?
怖いもの?
人それぞれ考え方があるかと思いますが、安全・安心に活用できるかどうかは、自分でどのカードローンを契約するかによって変わってきます。
そもそもカードローンとは個人向けの小口融資として、消費者金融などの貸金業者や、銀行などの金融機関などが提供している金融商品の一つに過ぎません。
ただ、いずれにしても利便性が高いと言うのが共通する評価です。
基本的に無担保・無保証での契約を可能としており、お金が必要な時にDC、ATM、銀行振り込みといういずれかの手段でお金を借りる事ができます。
決められた限度額以内であったら何度でも借入れと返済を繰り返し使うことができるので、借入れトラブルを起こさない限りは一時的な資金負担をとして永遠に活用していくことができます。
ひとつだけ心配点をあげるとしたら金利がありますが、利息は日割り計算で出すため、一括で短期返済を行っていけば利息は経済的な負担にはならないでしょう。
さて、正しく使えばとても便利で安全な借入れですが、中には悪質な業者も存在するため、安全な貸金業者を利用するためのポイントを把握しておきましょう。

ポイント

・審査は必ず行う
融資を受ける上で審査は必ず必要です。
借入れは返済ありきなので、返済能力がある人でなくては融資してもらえません。
なので誰でも融資可能な会社というのはないという事は覚えておきましょう。
・利息制限法に則っている
利息制限法とは、元金に対してかけてもいい金利を定めた法律です。
元金10万円未満-年利20%まで、元金10万円~100万円未満-年利18%まで、元金100万円以上-年利18%までとなっています。
これを覚えておけば法外な金利を取られるような事態は避けることができるでしょう。
・会社の所在地が明確、会社概要が明確
会社の所在地や概要がしっかりしているかというのは基本的な部分ですね。
会社名、運営者、住所、電話番号(携帯電話NG)などを確認してみてください。
・登録して運営している
一番参考にしたいのは、然るべき機関に登録して運営しているかということです。
貸金業を正規に営むには、都道府県もしくは財務局に登録することが義務づけられています。
登録を行うと、「東京都知事(○)第○○○○号」もしくは「関東財務局長(○)第○○○○号」(※○の中には数字が入ります)という登録番号をもらいます。
これは各会社のHPなどで確認できるのでチェックしてみましょう。
( )内の数字は経営年数です。
新規で登録した業者は(1)、3年ごとに数字が増えますので、一概ではないですが( )内の数字が若い貸金業者は信用の面でオススメできません。
カードローンは自分で計画的に利用することも重要ですが、それ以前の問題として、然るべき運営を行っている貸金業者を利用することを前提にしましょう。
そうすれば問題なく借入れをしていくことができます。

参考サイト・・・カードローンの即日融資
こちらのページはこちらのサイトのデータを参考に作成されました。

Posted in 即日融資 | コメントは受け付けていません。