カードローンの限度額は上げられる?

万が一の出費に対応してくれるのがカードローンです。
フリーローンとも呼ばれていますが、無担保・保証人なしで契約でき、借りたお金の使い道は自由です。
利便性が高い借入れなので契約している人も少なくはないのですが、気になるのは借入れできる金額に限度があるという事じゃないでしょうか。
各社のカードローンの概要を確認してみると、「○○○万円まで融資可能」と謳っていますよね。
でも、その融資額まで借入れすることはほぼ不可能と思ってください。

そもそも融資するからには返済ありきですので、カードローンを契約するには個人の信用が契約条件になります。
それを踏まえて、担保も保証人もないので、返済能力に応じて融資可能の有無と、融資できる金額が決まってくるのです。
借入れできる金額の上限を「利用限度額」と言いますが、提示された限度額が現在の自分の信用レベルだという事になるでしょう。
利用限度額を見て「自分ってこの程度か・・・」とガッカリする人もいます。
でも、ガッカリする必要はありません。

なぜなら、この利用限度額はカードローンを利用していく中で増額してもらうことも可能だからです。
「利用限度額=返済能力(信用)」ですので、借入れを計画的に利用して返済をきちんと行うことで、返済能力がある人だと信用されれば限度額を増額してもらうことができます。
増額の際は、融資先のほうから増額の連絡がもらえたり、自分で増額の申請をして再度審査の上で増額可能かどうかが判断されます。
いずれにしても、まずは決められた限度額内できちんと借入れと返済を繰り返し利用していくこという事が重要になるでしょう。
逆に言えば、一度でも返済の延滞や滞納をすると増額してもらうことはほぼ不可能ですので気をつけてください。
ただし、『利息制限法』の存在があるため、利用限度額を増やすと言っても限度があることは理解しておきましょう。
利息制限法は、社会的問題となっている多重債務者を生まないことを目的として制定されており、貸金業者に対して消費者に貸し付ける金額を制限した法律です。
この法律では「年収3分の1を越える貸付は禁止」としています。

つまり、利用している全ての貸金業者を合わせて、年収が100万円の人は30万円まで、年収500万円の人は約160万円までしか借入れできないという事です。
(※銀行など金融機関からの貸付は例外)
こういった制限はありますが、そもそもカードローンの目的とは個人向けの小口融資ですので、一時的な資金として借入れを利用するものです。
そして、お金があるときに一括で返済する短期返済を目的としています。
そうすることで金利も負担にはなりません。
限度額が増額してもらえると、自分が評価されたような気になって借入れに対する価値観が崩れてしまう人がいます。
増額は本来の目的ではないので、できれば始めに設定された利用限度額の中で計画的に利用していくのが望ましいでしょう。

This entry was posted in 即日融資. Bookmark the permalink.