カード不要で借りられるフリーローン

フリーローンとは、「自由なローン」という意味合いのある多目的ローンです。
目的を問われずに自由に使えるために、このように呼ばれているのです。
その用途は幅広く、生活費、娯楽、事業資金、他のローン返済などにも活用できます。
似たようなローンにカードローンがありますが、フリーローンにはカードがありません。
また、借入方法・返済方法にも違いが見られています。

借り入れるときは、原則として一括での借り入れとなります。
「100万円の利用枠を確保して、とりあえず50万円だけ借りておく」といった方法は不可能なのです。
100万円を希望するのであれば、その場で100万円を借りる必要があります。
また、返済にはカードが使えませんから、口座振替、窓口、銀行振込などの方法になります。
必然的に金融機関の営業時間内でなければ返済できないことになります。
一括返済をするときは、窓口や銀行振込による方法を使います。

一括返済について

カードローンと同様に、一括返済したほうが利息が少なくなるのが特徴です。
一括が無理でも、なるべく返済回数(借入期間)は少なくしたいものです。
フリーローンにはカードがないので不便に感じられますが、メリットも存在するのです。
返済してしまえば、借金も利用枠も完全に0になります。
カードローンの場合ですと、借金は0になりますが利用枠が残りますので、再び借りることができるわけです。

これは人によっては、メリットにもデメリットにもなるでしょう。
金利については、多目的ローンはどれも大差のないものであり、カードローンと同じくらいだと考えていいでしょう。
どちらのローンも金融機関では18%前後ですが、銀行・信用金庫では15%前後と低くなっています。
また、フリーローンには10%未満という超低金利を設定している商品もあります。
明らかに低金利ですが、これは用途をある程度限定しているからです。

例えば、「事業資金、ギャンブル、他社ローンの返済資金として不可」「健全な目的に限る」といった感じです。
用途は多目的ではありますが、健全な目的に制限することで、金利を抑えることが可能となっています。
「健全な目的」という意味は、カンタンにいえば浪費以外のものです。
趣味・娯楽は消費というよりも浪費に分類されています。
これに対して、自動車の購入、教育資金などは健全な目的であり、消費に該当するものです。
生活している以上、消費は避けられないものであり、そのために借りる資金は健全であると考えられています。
趣味・娯楽、ギャンブルなどは、習慣性があるので止められなくなる可能性もあります。
買い物依存症やギャンブル依存症などがそうでしょう。

こうした目的に関しては、多目的ローンといえども借りられないことが少なくありません。
フリーローンやカードローンを利用するときは、「利用目的」の欄をよく読んでおきましょう。
何も記載されていなければ、好きなことに使っていいという意味です。

This entry was posted in 即日融資. Bookmark the permalink.